デモンスレイヤーフィーバーと2ndシーズンの噂のミル

公開からわずか10日間で最速で100億円を獲得した映画として日本の興行収入を独占した後、日本の大ヒット漫画『デモン・スレイヤー』がまたもや騒動を巻き起こした。

有名なソーシャルメディア「Spytrue」は、「KNY『君の名は』シーズン2制作中」と簡単にTwitterに投稿。しかし、Spytrueが明言したデモン・スレイヤーシーズン2のアニメが制作中であるという噂は、まだスタジオから確認されていません。

しかし、Demon Slayerの熱狂的なファンのおかげで、2019年の最も売れている漫画シリーズの一つとなっています。2008年から11年連続で1位を維持した織田栄一郎の「ワンピース」になるために1200万部以上を売り上げた。

そんな大ヒットシリーズの20巻が消えた山口市の温泉地で「デモンズスレイヤー」の漫画盗難事件が起きたことすらある。盗まれた漫画が戻ってくるまでに、その温泉地には全国の漫画ファンから約140冊の「デモン・スレイヤー」が寄せられていた。

制作陣がこの件について大きく沈黙しているのは、成功した映画を楽しみながら騒動を起こそうとしているのかどうか。また、宮崎駿監督の2001年の名作アニメ「千と千尋の神隠し」の長年の日本興行記録を更新。劇場公開から25日間で100億円を突破した。

この映画は公開から25日で100億円を突破したが、待望の続編「デモン・スレイヤー」の第2シーズンがどう扱われるのか、期待するしかない。完成した漫画のストーリーを継続していくのか、それともその原点から離れて、テレビ用に少し変わった脚色をするのか。

アニメとは違った見方をすると、発売された漫画の原作ファンにとっては、少し残念な結果になってしまうかもしれない。なぜなら、彼らは漫画の文章とストーリーの進行を賞賛していたからだ。

100年前の日本を舞台に、家族や信頼、勇気などの側面が描かれた壮大なストーリーと、これほどまでに多くのファンを持つ『デモン・スレイヤー』。この漫画はすでに205章まで終わっていますが、シーズン2の料理が始まる可能性は十分にあります。

しかし、現在進行中のデモン・スレイヤーの人気は、シーズン2がただの噂ではないかもしれないので、誰が知っているのだろうか。特に、この漫画にインスパイアされたファンサービスや商品が日本中で展開されているのだから。

主人公・丹治郎の鬼退治日輪の等身大レプリカが発売されています。この日輪のレプリカは、人気アニメの武器や小道具のレプリカを製作していることで知られるプロplica社が製作する。

この記事をお読みになった方は、ぜひご覧になってください。また、他にも様々なコンテンツをご用意しておりますので、お気軽にご覧ください。

Leave a Comment