日本が2回目のCOVID-19ワクチンの承認を検討

2021年3月の第1週に、日本の厚生労働大臣である田村憲久は、COVID-19に対する2回目のワクチンを承認できると述べました。ファイナライズは早ければ2021年5月か6月に完了する可能性があります 

。2社が日本に申請しました。最初は英国のアストラゼネカPLCでした。もう1つは2021年3月5日に提出された武田薬品工業です。両方の提案が受け入れられた場合、日本は最初の承認された提出と一緒に3億1400万回以上の用量を購入することができます。

日本に最初に提供した会社は、米国のファイザー社でした。有効性の高いワクチンを開発する世界有数のブランドです。日本はすでに3社すべての製薬会社と協定を結んでいます。 

日本の人口が+1億2600万人なのに、なぜ3億1400万人が服用するのか?

これまでのところ、すべてのワクチンには2回の接種が必要です。つまり、すべての患者が同じワクチンを2回接種する必要があります。日本が3つの医療提供者から確保した合計3億1400万回の投与は、1億5700万人に投与するのに十分です。それでも、推定人口サイズよりも約3,100万人多い。 

日本がワクチンを購入したいブランドはあと2つあります。ModernaとNovavaxです。最大の目標は、国の人口の約4倍、総予算6,847億円を獲得することです。これは、日本政府が国民に予防接種を行うための積極的な試みです。 

政府はまた、ジョンソン・エンド・ジョンソンの単回接種ワクチンの予約を検討しています。 SinovacとSinopharmもワクチンの日本への販売を目指していますが、これら3つはすべてまだ議論中です。 

なぜ日本はワクチンを取得するのにそれほど積極的ですか?

日本政府は、さまざまな理由でパンデミックからの回復を早めることを目指していますが、最大の理由は、オリンピックの開催にかかる費用が約6,400億円であるということです。キャンセル自体とその準備のために支払われた返還不能な投資は別として、開催国はまた、パンデミックのためにどのゲームにも参加できないアスリートを維持しなければなりません。 

これには、19の新しい会場の建設や18の改装など、会場関連の費用が含まれます。首相は、2021年7月の東京オリンピック2020を継続したいと考えているが、それまでに予防接種が完了できない場合は、さらに1年延期することを検討している。

Menboブログは、オリンピックを中心とした現在のイベントをフォローしています。政府は、アスリートが2021年のオリンピックに出場できると確信していますが、観客なしでプレーすることは望んでいません。安全は依然として誰にとっても優先事項です。しかし、東京2020が2021年に続くとすれば、それが希望の輝かしいビーコンになる可能性があるため、世界のリーダーたちは東京2020の開発に熱心です。